性病治すならジスロマック

ジスロマックとは、アジスロマイシン水和物を主成分とするマクロライド系の抗生物質で、細菌を殺菌します。
有効成分のアジスロマイシン水和物が、細菌の蛋白質の合成を阻害し増殖を抑える働きがあり、淋菌やクラミジアなどの性病治療によく用いられます。
アジスロマイシン水和物は、グラム陽性菌やグラム陰性菌、細菌に対しても有効です。
グラム陽性菌とグラム陰性菌の違いは、菌体の外部を覆っている膜の構造に違いがあり、グラム陽性菌にはブドウ球菌、ボツリヌス菌、乳酸菌などがあり、グラム陰性菌には大腸菌、コレラ菌、淋菌などがあります。
菌と細菌は異なります。細菌は原核生物、菌類は真核生物、アジスロマイシン水和物は、どちらにも有効です。
淋菌は、1回の性行為で感染する割合は約30%と、感染力が高いです。
淋菌は、男性で尿道炎、女性で子宮頸管炎などを発症します。
オーラルセックスで、咽頭へ感染した場合は自覚症状がないため、知らないうちに感染していることが多いです。
淋菌を放置すると、女性の場合は不妊や子宮外妊娠、流産、早産など、男性の場合は精巣上体炎となり、男女とも不妊症の可能性が高まります。
クラミジアは、トラコマチス(細菌)による性感染症で、日本で一番感染者の多い性病です。
クラミジアは、男性では尿道から分泌物、排尿痛、精巣上体の腫れなどを発症し、女性では不正出血、おりものの増加、腹部の痛み、性交痛があります。
クラミジアを放置すると、男女とも不妊症の可能性が高まります。
従来の性病治療は、長い期間をかけて治療するのが主流でしたが、ジスロマックは1回の服用で済みます。薬の効果は7日ほど続き、その間にクラミジアが治る確率は90%と高くなっていて、国内外で非常に多く使用されています。
ジスマロックは催奇形性がなく、胎児にも影響がないので、妊婦でも使用することができます。
アジスロマイシン水和物の副作用は少ないほうですが、吐き気や胃痛、下痢などの胃腸症状が現れる方もいます。また、重い副作用として、不整脈や肝障害、大腸炎、血液障害などがあります。
ジスマロックは、マクロライド系の薬剤に対して過敏症の既往歴のある方、高度な肝機能障害のある方、心疾患のある方は基本的に禁忌になっています。
ジスロマックは比較的、飲み合わせの悪い薬は少ないですが、制酸剤と併用すると薬の吸収が悪くなり、抗血栓薬のワルファリンや免疫抑制薬のシクロスポリンと併用すると、これらの作用を増強する可能性があります。
ジスロマックなど抗生物質を容易に使用すると、細菌が耐性をもち、治療が困難になるので、必ず決められた使用法を守りましょう。

▼医薬品おすすめ通販サイト
ジスロマックですぐに性病を治そう
細菌感染を治すにはクラビット